ページビューの合計

2017年5月28日日曜日

箕面温泉 スパーガーデン

今回は2年以上書いていなかったSuper Sento の記事である。先週の木曜日、息子が箕面温泉 スパーガーデンに連れて行ってくれた。Super Sento と言うには設備が整っていないので、むしろヘルスセンターもしくは元祖演芸温泉旅館というべきかもしれぬが、宣伝文句によるとエンタメ温泉テーマパークである。しかも関西最強だそうである。

ワイフも温泉に行けるほどには回復したので、三男からお誘いがあった。この時私のほうが疲労気味で家で寝ておこうと思ったが、腰痛に効くというので渋々ついて行った。

午後1時すぎに自宅を出発した。3時ころに石橋で遅い昼食を取った。図らずも私が阪大に通っている道すがらにある がんこ寿司 石橋苑 である。こんな所にがんこ寿司があるとはついぞ知らなかった。そこで御膳を頂いてからスパーガーデンに向かった。

阪急箕面駅から急傾斜の坂を上ったところにある。


箕面温泉スパーガーデンの全貌 


歩行者専用の通り道  ひと昔の温泉旅館という感じがしますね。


でもそうでありません。このようないで立ちの温泉アミューズメントパークである。


 このような巨大獅子(狛犬)が温泉客を迎えてくれる。 口中に玉あり。 神社ならばもう一匹いるのだが、ここにはいない。

左側には、かわりにこのようなボイラーが置かれている。



箕面駅からの送迎バス  2台とも派手なラッピングバスで、車体には大江戸温泉物語と書かれている。




正面 巨大ネットが張られている。電飾に使うのかもしれない。

玄関   歓迎 ようこそ箕面温泉へ

我々は大浴場に入るだけで宿泊するわけではない。



2012年に経営会社の大阪観光が経営破たんし、現在温泉は大江戸温泉物語グループが経営している。それで関西なのに大江戸温泉物語なのである。

その経緯を述べるとつぎのようになる。Wikipediaよりの記述。

かっては日帰り温泉だけでなく、歌謡ショーや大衆演劇、ゲームセンターやボウリングなどが楽しめる温泉レジャー施設であった。近年は周辺に天然温泉をボーリングにより得た「スーパー銭湯」の開業が相次ぎ、箕面温泉の客足は遠のいていった。そのため男子大浴場の広大な浴槽を狭くする工事などが行なわれた。
それでも周辺の新設のスーパー銭湯に比べて老朽化は否めず、スーパー銭湯に比べて昼間の入館料が割高であるにもかかわらず、浴室にシャンプーが置いていなかったり、脱衣ロッカーが有料であったりする、スーパー銭湯と比べたサービス面の欠点もあり、2008年(平成20年)7月25日の第二期リニューアルオープン後も、以前の賑わいが戻ることはなかった。
そのため、2011年には温泉施設以外が閉鎖された。
2012年にはついに事実上の倒産という事態となり、ホテルは継続営業となったものの、スパーガーデンは閉鎖となった。

やっぱり旧来の温泉施設は、Super Sento に負けちゃうんですね。それで新たに東京の大江戸温泉物語グループが再建に乗り出したわけです。 大江戸温泉物語 

温泉入り口扉の両脇にはクレヨンしんちゃんの映画のポスターが貼られている。



料金はつぎのようになっている。

デイ入館 (10時~18時までのご入館) ナイター割引 (18時以降のご入館)
大人平日:1,580円 土日祝:1,980円 平日:980円 土日祝:1,280円
小学生980円680円
幼児580円380円
乳児無料
税金消費税、入湯税日帰り75円(箕面市税金)が別途必要です。

高齢者割引があり、我ら夫婦はともに1000円であった。息子は生協の割引で400円程安くなった。


館内の案内図


 地下1,2階が大浴場、1階が食堂や遊技場、お祭り広場等、2階が箕面劇場になっている。

箕面劇場ではコンサートも開かれる。 次回はこのグループ。



箕面劇場

成田ヨウスケさんが出演するそうです。


お祭り広場


ごろごろ広場

ここにもクレヨンしんちゃんが頻出している。


クレヨンしんちゃんシリリ


こんな箕面温泉宣伝CMがあります。

「映画クレヨンしんちゃん 襲来‼宇宙人シリリ」タイアップTV-CM


大江戸温泉物語グループも宣伝費を使っていますね。

 それでは温泉の紹介である。 浴場は曜日によって男女入れ替えとなっている。


温泉の湯質効能

キャッチコピーは、

美人の湯

温泉成分効能・泉質

・炭酸水素塩泉

関西屈指の泉質を誇る、別名「命の温泉」。 滝と紅葉で名高い箕面の地に湧きでる温泉は、まさに夢物語。
関西屈指の優れた泉質は、療養泉として認可され、またの名を「命の温泉」と呼ばれています。
また、炭酸水素塩泉のため美肌効果が高く、女性にうれしい「美人の湯」としてもお愉しみいただけます。



効能

神経衰弱 慢性婦人科 疾患 慢性リウマチ 神経痛


薬湯

週替わりにいろいろ楽しめるのが薬湯です。
温泉とはまた違ったお湯を、内湯で心行くまでお楽しみください。


それでは大浴場の紹介。

やぐらの湯


鶴の湯  この日は女風呂だったのでこちらの湯には入らず。
 


露天風呂  男風呂と女風呂に一つづづある。 いささか淋しい。


こちらの露天風呂に入る。 外の景色が見られ、趣がある。

槍風呂


サウナ


小さな水風呂もある。

温泉は炭酸泉で、ぬめりがある。いかにも肌によさそうである。私は1時間半近くゆっくり浸かったので、腰の痛みは軽減したのでした。温泉の効果は十分にありました。

いつもは、「頭も身体もゴシゴシ洗って、身も心も美しくなりました」と書いたように思うが、今回も同じようにしたが、心のほうは美しくなった実感がありません。

Super Sento みたいに、ジャグジーや電気風呂があれば良かったのだけど、それらの設備は全くなかった。そこは残念でした。

展望エレベーター


展望台からの箕面市内の眺め



箕面温泉旅館の宿泊棟


その後勝尾寺に向かったのだが時刻が6時を過ぎており、閉鎖されていた。仕方がないのでそのまま山を下りて進んでいくと万博公園横にでた。高速に入るのに苦労はしたが、なんとか入れて御影まで帰ってきた。回転ずしの長次郎で夕食を食べ、自宅へと帰っていったのでした。



今回もアジの姿寿司を食べました。いつ食べても美味です。

にぎり長次郎でヤレヤレ会

 これでおしまい。



モリー先生との火曜日

息子に車で古本屋さんに連れて行って貰い、1冊80円の特価本を沢山買ってきた。その中の1冊に 

モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム 著 


がある。 20年近く前の本で、何気なしに読み始めたのだけど、少なからず感動しました。 最近読書に関する記事を書いていないので、久しぶりに感想を書きたくなりました。

Wikiを利用して、物語の概要を記す。

この本は、アメリカのジャーナリスト ミッチ・アルボムによって書かれたノンフィクションである。

難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されたモリー・シュワルツ教授が、死を前にして、かつての教え子であるミッチに贈った「最後の授業」を記録したもので、1997年にアメリカで出版されベスト・セラーとなった。日本でも別宮貞徳による翻訳書が出版され、やはりベストセラーになっている。

ミッチ・アルボムはALSにより死を目前にしている、ブランダイス大学の78歳の社会学教授、モリー・シュワルツとの亡くなるまでの日々、受けることになった「最後の授業」を語っていく。

シュワルツ教授の元生徒であるアルボムは卒業後16年間教授と連絡を取っていなかった。
最初の部分はアルボムシュワルツの最後の会話への導入、アルボムの卒業の回想、卒業から教授と再会するまでの経緯などが描かれている。

アルボムは子供の頃の将来の夢はピアニストであったが、「大人」になりデトロイト・フリー・プレスのスポーツ・コラムニストとして成功していた。

TVショウの『ナイトライン』でシュワルツのことが取り上げられているのを見て、シュワルツがALDで病に伏しながらも明るく生きていることを知る。

アルボムシュワルツに電話してみると、シュワルツは16年経っているにも関わらず元生徒のアルボムのことを覚えていた。アルボムミシガン州からマサチューセッツ州までシュワルツに会いに会いに行くことにする。

この本は彼らの14回の面会を基に、シュワルツから受けた補習、人生経験、回想、そして現在のことが描かれている。



ミッチモーリー先生


シュワルツアルボムに語る言葉が、平易なんだけど深いのですね。 基本は周囲の人への愛なんだけど、死にゆく人間が思索を重ねて自分の人生体験の上から生み出した言葉なので、重みというか、真実の価値のある言葉に結晶しています。

語っていること自体は難しくはなく、むしろ陳腐でさえあります。

「一期一会に感謝」

「普段の日常に感謝を忘れない」

「相手を思いやる気持ちを忘れない」

の3点が基本です。これは皆 人や自然を愛しなさい ということですね。私達は自己中心主義に陥ってしまい、これらのことを忘れていることがその人の不幸に繋がっていると指摘している。

その通りで、自己実現自己中心主義の区別が難しいわけで、自己を無くしてはいけないのだが自分の利益を求めて他人に迷惑をかけることを戒めている。
それはかえって自分を苦しめることになる。さらに相手にも思いやりを持って接する。
モリ―先生は、自分の世話はほどほどにして夫人や息子達に普段通りの生活をしてほしいと願っている。彼は自己実現という将来への夢や目的がないと人は幸せには生きていけないのを充分に承知している。

でも間近に死に面すると自己実現という一種の成果主義も意味を持たなくなる。求めるのは周囲の人(家族と言っていい)の愛情であり、最後まで与えたいのも周囲の人への愛情なのだ。

人は自分中心でないと物事が図れないし、そうすると他者への思いやりの欠如から多くの苦しみを無駄に与えてしまう。でもそうしないと自分が無くなってしまい、他者の思惑に操られてしまう。思いやりを持とうとすれば、自分のエゴをしばしば傷つけてしまう。そのような引っ張り合いの狭間で引き裂かれながら生きているのが我々の人生というものだ。

私もまたそんな人生を送っているが、彼の言葉を読み、死ぬまで自己実現を目指し成長するとかは考えずに、あるがままに現実を受け入れてなすべき義務を果たしていくのが肝要だと思う。

良質の人間が西洋文明(アメリカ文明)の影響下で育ち、思索を深めるとモリ―先生のような人物が現れる。しかし日本人の場合は、思想の背景が違うのでこんな風にはいかないとも思える。自然を愛することは無理なくできるが、根本に虚無思想というか無常観があり、キリスト教のいう自己犠牲を伴う愛を他人に与えることができない、というか不自然で必要ないと考えてしまう。

今正に苦痛の最中死んでいこうとしているのに、マスコミを通して人が幸せになるようにコーチするなんて本当に必要かしらと、赤の他人には余り関心の持てないエセ仏教徒(私)は思ってしまう。

彼の語る心打つ言葉を章ごとに列挙していきたい。 かすかに違和感のある文章もありましたが、私にとり特に印象的で生きる指針となるような文章を選んだ。 内容を強調したかったので大文字にします。


教室

「死ぬっていうのはね、悲しいことの1つにすぎないんだよ。
不幸な生き方をするのはまた別の事だ。・・・



出欠確認

「人生に意味を与える道は、人を愛すること、
自分の周囲の社会のために尽くすこと、
自分に目的と意味を与えてくれるものを作りだすこと、・・・


最初の火曜日

「レヴァインという賢人が言ってるよ、

『愛は唯一理性的な行動である


第二の火曜日

「必要なときにはまず思いっきり泣く、
それから人生にまだ残ってるいいものに気持ちを集中する。
・・・・


「私はね、それ以上自分をあわれむことを許さないんだ。
毎朝ほんのちょっと。
ニ、三粒涙を流せば、それでおしまい」



第三の火曜日

「だっていずれ死ぬんだよ、
遅かれ、じゃない早かれさ」


第四の火曜日

「誰でもいずれ死ぬことをわかっているのに、
誰もそれを信じない。・・・

「いずれ死ぬことを認めて、
いつ死んでもいいように準備すること。
そのほうがずっといい。
そうしてこそ、生きている間、
はるかに真剣に人生に取り組むことができる」

「いかに死ぬかを学べれば、いかに生きるかも学べる」



第五の火曜日

「自分の生活を捨てるんじゃないよ」




第六の火曜日

「経験から自分を引き離すってことなんだ」

「切り離すっていうのは、
経験を自分の中にしみこませないということじゃない。
むしろその反対で、
経験を自分の中に十分にしみこませるんだよ。
そうしてこそ、そこから離れることができる」




第七の火曜日

「私は老化をありがたく受け入れる」


第八の火曜日


「人を愛することにみずからを捧げよ、
周囲の社会にみずからを捧げよ、
目的と意味を与えてくれるものを
創り出すことにみずからを捧げよ」

「・・・ 人にあたえることで自分が元気になれるんだよ。・・・


第九の火曜日

「ねているときは死んでいる」



第十の火曜日

「お互いに愛せよ。
さもなくば滅びあるのみ」



第十一の火曜日

「人生のはじめ、
子供のときには生きていくのにほかの人が必要だろう?
人生の終わりにも、
私のようになれば、生きていくのにほかの人が必要だろう?

「しかし、これが大事なところで、
その中間でもやっぱりほかの人が必要なんだよ


第十二の火曜日

「死ぬ前に自分を許せ。
それから人を許せ

「対立物の引っ張り合い。・・・
物事はそれぞれ違う方向に引っ張られるものだ

第十三の火曜日

「・・・ 死ぬのは生きるのと同じく自然なこと。
人間の約束事の一部だよ」


第十四の火曜日

「これが・・・私たちの・・・さよなら・・・

「じゃあな」

モリ―先生はこの週の土曜日の朝亡くなった。

木々と、草と、丘の斜面が美しい場所に遺骸は埋められた。



読後ツタヤに行って、映画を借りてきてワイフと見ました。旧作なので100円でした。

涙ウルウルで見終わりました。名作と思います。ジャックレモンがその人になり切った演技をしています。是非ご覧になることをお勧めします。



その一場面


これでおしまい。

2017年5月27日土曜日

池田市 亀の森住吉神社

毎週水曜日に阪大に通っている。昨年は講義を終えると直帰していたが、今年はわずかながら余裕があるので、その行きかえりに豊中キャンパスの写真を撮ったり総合学術博物館の見学などをしている。週一度の通勤が楽しくなるお遊びである。

阪大豊中キャンパスの桜
大阪大学総合学術博物館
HANDAI ロボットの世界

講義の2年目は阪急宝塚沿線の思い出の神社仏閣巡りをしていた。今年も晴の日には沿線周辺の神社仏閣巡りを復活したい。実際調べてみると幾つもの神社仏閣があるのだ。

清荒神清澄寺、 売布神社、 中山寺  服部天神 

それで今回は、阪急石橋駅近くの 亀の森 住吉神社 である。 石橋駅改札にある石橋駅周辺地図を見て、その存在を知った。 超有名ではないが、地元では良く知られている古い歴史をもつ神社でした。

石橋駅から歩いて15分ほどの所にある。

神社境内への出入り口は二カ所あり、道路沿いにあるこちらの出口から参拝をする。


社碑  出口のほうの社碑です。真新しく 亀の森住吉神社 とある。


明神鳥居  額束には住吉神社とある。 大阪には住吉神社って山ほどあります。祀り神が住吉三神海の神様です。大阪は運河がめぐらされ海運業が盛んだったためでしょうね。


常夜燈   社のように屋根つきです。 石製の灯篭も好きですが木製のも趣があって良いですね。



ここで、Wikipedia から神社の基礎情報をゲットする。


亀之森住吉神社

住吉神社
Sumiyosi Ikeda01.jpg
所在地大阪府池田市住吉2丁目3-18
位置北緯34度48分6.2秒
東経135度26分23.9秒
主祭神底筒男命・中筒男命・表筒男命
息長足姫命
創建伝宝亀元年(770年)
別名亀之森住吉神社
例祭10月20日



亀之森住吉神社(かめのもりすみよしじんじゃ)

大阪府池田市住吉に鎮座する神社。法人名は住吉神社

ご祭神:
上筒男ノ命  (うわつつのおのみこと)
中筒男ノ命  (なかつつのおのみこと)
底筒男ノ命  (そこつつのおのみこと)


三柱伊邪那伎大神が黄泉の国から戻ってきたときに、その穢れを祓うため川へ入って禊をした時に生まれた神である。 水に因んで海の神様とされる。



中央の三人組である。



息長足姫命 (おきながたらしひめのみこと)

神功皇后のことです。 今回はお札の肖像から。政府お抱え彫刻師キヨッソーネのデザインである。そう言えば表情が外国人っぽいですね。


歴史:

社記によれば、光仁天皇宝亀元年(770年)の鎮座である。後奈良天皇の大永6年(1526年)に社殿を造営する。正親町天皇の天正年間(1573年~1592年)の兵火で焼失する。麻田藩主青木氏の祈願所となり社領を寄進された。
  • 寛永年間(17世紀前葉) - 社殿を新築。
  • 明和3年(1764年) - 社殿を改造。
  • 明治5年(1872年) - 村社に列す。
  • 明治40年(1907年) - 神饌幣帛料供進社に指定される。
  • 明治40年(1907年) - 石橋の厳島神社、八幡神社、垣添の荒神社、麻田の皇大神社、天王山の八阪神社を合祀。
  • 明治41年(1908年) - 東市場の天神社を合祀。
  • 昭和47年(1972年) - 再建。
  • 平成9年(1997年) - 修復。
旧村社にすればかなりの規模を持つ有力神社といえる。神饌幣帛料供進社に指定されるという事情があったためと思われる。
それでは境内の参拝を始める。

手水舎  稲荷社手水舎のように朱塗りです。


掲示板曰

人に勝つより、 自分に勝て

名言ですが、それが至難の技です。

御大典記念碑とその植樹


まず参道脇にある境内社荒神社・恵美須神社 の紹介から始める。 

石の明神鳥居  額束には神社名はない。両神社の共通の鳥居と考えられる。
 

荒神社・恵美須神社拝殿  境内社としてはかなりの規模である。


拝殿前狛犬二基   ユーモラスな表情をしている。



参道に戻り、少し進むと広い境内になる。


社務所


社務所前の手水舎  こちらも朱塗りである。


ここで神社の正門にあたる大鳥居が見えたので、実際の取材順序とは逆になるが、こちらの参道からの境内写真を挙げていく。 出口から境内に入ったので説明がスムーズに進まないからです。

入り口の大鳥居


社碑  こちらが正門の社碑 


大鳥居奥に拝殿が見える。


大鳥居扁額  住吉神社と浮き彫りされているが、真っ黒なので見にくいですね。


石段横の常夜燈

鳥居前の石灯籠

鳥居を抜けて境内に入る所にも狛犬がいる。
木立ちに隠れて神社をお守する狛犬二基



拝殿  平成9年に修復されており、このように見事な姿を示している。


拝殿前 狛犬二基  由緒正しい狛犬である。真新しく非常に凛々しい表情をしている。



拝殿前 常夜灯

拝殿扁額

本殿脇


本殿屋根  本殿は撮影出来なかった。


拝殿横 宝物殿


由緒碑


境内の石灯籠二基


境内社天満宮

石の明神鳥居  額束には 天満宮 とある。

拝殿  


狛犬二基  こぶりでこちらは可愛い表情をしている。



拝殿前  ガラス戸の奥に祭壇が祀られている。


境内社稲荷神社

朱塗り明神鳥居  扁額には、正一位 稲荷大明神 とある。



千本鳥居  ここには千本もないけどね。 京都の伏見稲荷神社には実際に千本ある。


千本鳥居をくぐり抜けた先にある拝殿  賽銭箱はないのでお祈りのみ。
  

再建されたようで、この舎の中に木造の古い社が祀られている。2重社ですね。



同じく境内社なのだが、正式名称は不明。伊勢神宮と呼ぶには小さすぎて憚りがあるのかもしれぬ。 住吉神社のホームページ には、

天照皇大神をお祀りし、お伊勢さんの呼び名で親しまれています。

と記されている。


同じく名称不明の境内社  神社のホームページにも記載はない。


明治天皇陵である桃山御陵遥拝所

神武天皇陵遥拝所  橿原神宮に北接する地に神武天皇陵はあります。10年くらい前に行ったことがある。


これでおしまい。