ページビューの合計

2016年3月22日火曜日

ワイフの手術

悪夢のような事が起った。今も受け入れがたい。昨日大学のクラブの友人達と食事会にでかけたワイフが救急車でポートアイランドの病院に運ばれた。その友人から知らせを受けて病院に駆けつけた。検査の結果脳梗塞ではなく、胸が苦しいというので胸部のCT検査を受けた。検査室に入る前にワイフは手術台から私を見て分かったらしく笑ってくれた。
医師から緊急手術を行うとの説明があり同意書にサインしたが手が震え説明の意味が良くわからない。前日にワイフの行きたかった中華料理のレストランに行き、布引のハーブ園に行った。母の介護の休息日で、夫婦水入らずでとても楽しかった。彼女は膝の悪い私よりはるかに元気だったのだ。

大きな悲しみが急に押し寄せた。何でこんなことが起こるのか、意味がわからない。なんでなのか。

急性大動脈解離で6時間の緊急手術を受け、命は幸い助かった。縫合でさらに2時間程かかったので8時間余りの大手術だった。心臓の上部動脈が裂けて、下肢の動脈まで裂けているという説明を受けた。上部の大動脈は人工血管に置き換えることができた。東京にいる次男を除き息子達二人が手術待機に付きそってくれた。手術は上手く行ったが意識が戻るかどうかはまだわからない。どのような後遺症が出るかもわからない。今まで病院からの緊急連絡がなかったので容態は安定しているようだ。息子達が家に泊まってくれた。これから入院の準備を始めねばならぬ。ワイフと一緒にいたい。私自身も気持ちを強く持たねばならぬ。出来る事はなんでもやる。

なぜ倒れたのが私ではなくワイフなのか。悲しくて心臓が張り裂けそうだ。苦しくて、悲しくて死にそうだ。痛かっただろうな。涙が止まらない。

1 件のコメント:

  1. 私、西宮市今津に住んでおります渡辺 実と申します。
    つかぬ事をお尋ねします、現在神戸大学大学院国際協力研究科で教授をされてる「ロニーアレキサンダー」様はご存知でしょうか?
    実は約20年来の私の友達でございます。
    フェースブック
    https://www.facebook.com/minoru.watanabe.710

    こちらのサイトも参考に見てくださいませ。
    ロニーさんのページもございます
    http://crossroads.lets-sports.net/index.html

    E-mail Address
    crossroads200174wmxrd@nike.eonet.ne.jp

    返信削除